ポタオデと音楽

ポータブルオーディオ機器と音楽についての感想・レビューをぱらぱらと。

Mistopia -THE NOVEMBERS-

収録曲

Misstopia

Misstopia

 
  1. Misstopia
  2. Figure 0
  3. dysphoria
  4. pilica
  5. パラダイス
  6. sea's sweep
  7. Glimore guilt more
  8. I'm in no core
  9. Sweet Holm
  10. ウユニの恋人
  11. tu m'

柔らかさと硬質さと

MistopiaはTHE NOVEMBERSの2枚目のフルアルバムになります。このアルバムにおいて特徴的なのは、1曲目のMistopiaのようないかにもシューゲイザー的な柔らかい音の膜につつまれているような音像の曲がある一方で、そのすぐ後の2曲目Figure 0ではハードコアのような突き刺す音像の曲が存在しているような、危うい両極性があります。これは前述の2曲に限った話ではなく、アルバム全体を通して一貫した空気感として存在しており、柔らかい曲は美しいメロディを湛えどこまでも澄み渡る一方で、ハードで硬質な曲はどこまでも暴力的なアレンジでこのアルバムのいびつさを引き立てています。一曲の中でこの柔らかさと硬質さの両方が含まれる楽曲も存在しており、耳を飽きさせません。

アレンジにおいて特に引き込まれるのがギターの音色づくりの多彩さです。ギターの音色はこのアルバムの特徴である両極性を象徴する要素になっているとともに、同じ柔らかい曲調、硬質な曲調の中でもその音色を幾重にも変化させることで曲に多彩さを生み出しています。

色で例えるとすると、このアルバムの楽曲は白と黒のコントラストが強烈な印象を醸し出していて、それらをつなぐグレーの部分は意図的に控えめにしている、といったように映ります。

また歌詞からは破滅的な香りとそこに陶酔するロマンティシズムや幻想的な雰囲気がビンビン感じられます。

 


THE NOVEMBERS - Misstopia(PV)

まとめ

硬軟両極端なアレンジが光るTHE NOVEMBERSの破滅的な魅力を詰め込んだ一枚。ポップさは少し控えめですがそれ以上にアレンジの巧みさが光ります。