ポタオデと音楽

ポータブルオーディオ機器と音楽についての感想・レビューをぱらぱらと。

MODE MOOD MODE -UNISON SQUARE GARDEN- レビュー

収録曲

MODE MOOD MODE (初回限定盤A) [CD+Blu-ray]

MODE MOOD MODE (初回限定盤A) [CD+Blu-ray]

 
  1. Own Civilization(nano-mile met)
  2. Dizzy Trickstar
  3. オーケストラを観にいこう
  4. fake town baby
  5. 静謐甘美秋暮抒情
  6. Silent Libre Mirage
  7. MIDNIGHT JUNGLE
  8. フィクションフリークライシス
  9. Invisible Sensation
  10. 夢が覚めたら(at that river)
  11. 10% roll, 10% romance
  12. 君の瞳に恋してない

スピーディなトロッコのような楽曲群

MODE MOOD MODEはUNISON SQUARE GARDENの7枚目のフルアルバムです。本作においてはUNISON SQUARE GARDENの本来の持ち味であったポップさが存分に発揮されています。全体として少しガチャガチャとしたアレンジが多いのですが、それが賑やかさや楽しさにつながっており、まるでスピーディなトロッコに乗って宝物を探しに行くときのような高揚感を生み出しています。その中でもオーケストラを観にいこう、は少しスピードを落としながらも美しいメロディをストリングスアレンジも絡めて奏でており、ポップな楽曲がひしめく本作においても一聴して耳を奪われる楽曲となっています。

静謐甘美秋暮抒情、夢が覚めたら(at that river)はアップテンポの楽曲が多い本アルバムの中では貴重な少し落ち着いた楽曲で、それがそれぞれ5曲目、10曲目に配置されていることで休憩スポットの役目を適切にはたしてくれています。アップテンポの楽曲は続きすぎると聴く側としても息が上がってしまうため、絶妙なアルバム構成の妙と言えます。

サウンドとしてはシンプルな3ピースバンド構成なのですがベース、ドラムの主張も強く様々な曲調を奏でることも相まって耳を飽きさせません。

1つ難点があるとすればどの楽曲もかなり力を入れて作られていて演奏も全力でなされている印象を受けるため、聴く側としても力が入りっぱなしになって少し疲れてしまいます。もう少し肩肘張らない力を抜いた楽曲が合間合間に入っているとよりニュートラルに聴けるアルバムになったのかなと思います。


UNISON SQUARE GARDEN「Invisible Sensation」ショートver.

まとめ

UNISON SQUARE GARDENらしいポップソングが詰まった一枚。どの曲にも力が入りすぎで聴いていると少し疲れてしまうのが玉に傷だが、それを上回るポップな魅力があふれている。