ポタオデと音楽

ポータブルオーディオ機器と音楽についての感想・レビューをぱらぱらと。

sunday girl in silence -KAREN- レビュー

収録曲

sunday girl in silence

sunday girl in silence

 
 
  1.  ENEMY
  2. SILVER
  3. sound of the broken chair
  4. 足りない
  5. FIRE SHEEP
  6. SHOCK
  7. LOVE ME
  8. サーチライトガール
  9. CAGE

透明感と強靭なリズム隊

sunday girl in silenceはKARENの2枚目のフルアルバムになります。KARENART-SCHOOL木下理樹さんと戸高賢史さん、downy仲俣和宏さんと秋山隆彦さんを中心に結成されたバンドで、その後on button downのアチコさんが加入して現在のバンド構成になっています。

彼らが奏でる音楽はその構成メンバーからは考えられないほどポップで優しく透明感あふれるものになっています。それはやはりボーカルが女性だという点が大きく寄与していると思います。

ただ、やはりリズム隊は正確無比かつ強靭で、ポップな楽曲の中に良い意味で蠢くような毒気を感じさせます。表層的にはポップに仕上げつつもリズムアレンジが複雑な曲も存在し、そこにアーティストとしての意地を感じさせます。

アルバム全体としては穏やかなギターポップ然とした楽曲が続きますが、LOVE MEではホーンセクションとともに疾走感あふれるアレンジを披露したりと、飽きさせない工夫があります。

また、戸高さんがART-SCHOOLではあまり聞かせる事のない優しい広がりや透明感のある音色のギターアレンジを多用しているのも本作品の聴き所になります。この人の弾くギターはほんとに良い音色を奏でます。ぜひ注目して聞いていただけたらと思います。

 

まとめ

女性ボーカルの伸びやかなギターポップ楽曲が詰まった一枚。構成メンバーを知っている人は驚きを、知らない人でも純粋な楽曲の良さを楽しめます。